涙のお別れ!

            
   【東北大震災】
日本の何分の1という方々が、6年前思いもよらない、
災害に涙したことでしょう。

数千人の方が津波にさらわれ・・・その光景の画像に、
言葉を失ったものでした。

かろうじて、死の淵から助けられた人たちも
その後 悲しみの中での6年は、
これからの人生に生き方のなんの計画も立てられず・・・

避難指示解除?・・と言われても 辛いですよね。

****************************

私の町内にも被災された一家族の方が、いらっしゃいました。
ご近所さんのお誘いで、サロンに入会されました。
4年間を会の仲間と毎回楽しみにして頂いたと、
ご家族とも喜んで頂いていました。

3月で避難指示解除・・・と、
「フミ子さん」も新たな街での生活を余儀なくされています。
今日でお別れになりました。

  (今月はお彼岸まじかな為か、お休みさんが多かった。)
集合写真を撮りましたが、半分がお休みしたので、
写真の中には、思い出して頂く為に
会員さん全員の(お顔のみ含)を、お送りしようと思っています。

  3/11  2:46  黙とう!
  
   フミ子
         フミ子さん  お元気でね 

       ****************************
           コメントありがとうございます。 

             おじいさんの趣味の家庭菜園  さん
             いなかのばぁば さん
             くろゆり さん
             放念の翁 さん
              ささげくん さん
             畑大好き爺さん さん
スポンサーサイト

comment

涙のお別れ!

被災された方は本当にお気の毒ですね。
でも故郷に帰れる事を、喜んであげましょう。
そして幸せを迎えられる事を、お祈り致しましょう。
それ以外してあげられる、ことは有りませんですから。

返信 おじいさんの趣味の家庭菜園  さん

v-3 故郷に帰れる方は、すべて元に戻って帰れれば、
幸せでしょうね・・・
まだ半分以上の方は、福島に帰るのではなく、
仮の都市・仮の住まい、私たちの知らない苦労があるようです。
そこに高齢者が、どう対応できるのかですよね。v-510



No title

こんにちは

私達はもう6年と思いますが、被災者はまだ6年でしょうか。
4年もお付き合いがあれば、お別れが辛いですね。
避難指示が解除されれば家に帰れるんでしょうね、
元の家はどうなっているのでしょか、
又、新たな苦労の始まりでしょうか?

返信 いなかのばぁば  さん

v-3 そうなんです。我が家には帰れないんです。
取り合えず、フミ子さんは4月から子供さん宅に仮住まいです。
勿論長くは居られませんので、福島から離れるということだそうです。
それぞれ細かな事情があると思いますよ。頑張れですねv-510

お久しぶりです

こんばんは

お久しぶりです。

1年位、体調が良くなくてお休みしていましたけど、

いつもゴットばあさんのブログを見せていただき

お孫さんのテニスの活躍ぶりに応援していました。

私も孫のバドミントンやバレーボールの応援に無理して

行ったりしていました。

これから、少しずつブログをアップしたいと思います

お付き合いお願い致します。

                       
                       くろゆり


返信 くろゆり さん

v-3 どうされたのかと、心配してましたよ。
若しかして・・・羽を付けて飛んで行かれたのかと・・・・v-409
私!ほっとしました。うれしいです。
去年1年、私のブログ!精神的に弱いところが、
浮彫だったと思います、
クロユリさんの音信不通ショックでしたもの。
元気なようでも、立派な年齢に来ています。
気をつけましょうね。
元気になられておめでとうございますv-510

叩かれても

若かりし頃、阪神大震災と新潟中部地震では友人4人とレンタルの
ワゴン車に、子供のおむつ、カセットコンロ、使い捨ての調理器具を
積んでボランティアで出かけました。

3泊4日車の中で寝泊まりし、個人の家のゴミの片付け、悲惨さを
目の当たりにしましたが、逆に励まされ、食事の差し入れもです。

生きようとする気力に圧倒をされた記憶があります。

東日本大震災、約200キロ離れた私の地域でもセシウムが、未だ
にキノコ採取が制限されています。
それが多量に蓄積されている地域、地域破壊、原発の想定外では
済まされませんね。

返信 放念の翁  さん

v-3 災害は忘れたころにやってくる。
私たちの街は、中越沖地震でしたが、中越地震の教訓で、
早いうちの復興に全国の皆さんから助けて頂きました。

東日本大震災の場合はそうはいきませんでしたね、
故郷を・家を・家族を失った悲しみは、今なお続いている、
地震国と言われている日本、災害を忘れてはいけませんね。v-510

避難指示解除?・・と言われても 辛いですよね

>かろうじて、死の淵から助けられた人たちも
 その後 悲しみの中での6年は、
 これからの人生に生き方のなんの計画も立てられず・・・

 避難指示解除?・・と言われても 辛いですよね。

〇同感です。
 また、ゴッドばあさんのところにも避難されている方が居られたとは、災害の大きさ、放射能の恐ろしさ、今更ながら思い出します。
 草々

返信 ささげくん さん

v-3 そうなんです。まったく知らない土地に来て、
高齢者は引きこもりが当たり前になりますよね。

私たちは、暖かく迎えてあげることしかできません。
4年間でした
娘さんから感謝の言葉をいただきました。
ここを離れて「静岡」と言ってました。
福島には今のところ帰る予定はないそうです。v-510

お別れですか、悲しいですね。

ゴッドばあさん、サロンのメンバーが避難指示解除で新たな町にお引っ越しでしたか。歳を取ると新しい町に馴染めるかどうか気がかりですよね。私はゴッドばあさんより幾分か若い気もするけど、この歳で別の町に行けと言われたらうーんとなりますね。

返信 畑大好き爺さん さん

v-3 涙でお別れしたんですよ。
やはり周りが声をかけてやらないと、
高齢者には難しいと思います。
生まれ故郷でないだけに寂しいv-510でしょうね。
Secret

プロフィール

ゴッドばあさん

Author:ゴッドばあさん
FC2ブログへようこそ!
 
 三世代同居
 第二の成人式目前
 
       

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR